珍種の海洋生物が見られる沖縄ダイビング

沖縄には他の場所ではなかなかお目にかかれない珍しい海洋生物と巡りあうことができます。たとえばマンタ・レイなどがそうでしょう。エイの一種ですが、数メートルもある平べったい巨体が優雅に水中を泳ぐ姿は見事です。多くのダイバーがこのマンタを見に沖縄にやってきます。沖縄ダイビングでマンタを見つけやすい場所は西表島です。

西表島の東部にある小浜島との間がマンタの観察スポットとなっています。夏場に行くと高確率でマンタが見られるでしょう。また勇敢なダイバーに人気があるのがサメです。サメには色々な種類がありますが、沖縄で遭遇できるサメにはハンマーヘッドシャークがいます。頭がハンマーのような形になっていることからこの呼び名がついています。

サメには珍しく大群で泳ぐのが特徴的です。沖縄からはるか西の方に行くと日本最西端の地である与那国島があります。ここは冬場に大群のハンマーヘッドと出会うダイビングスポットです。多い場合は数百匹の群れがいることもあり、その規模に圧倒されることは間違いないでしょう。沖縄はこういった海の巨大生物だけでなく、水中地形も魅力的です。火山活動の結果できあがった洞窟やアーチも多く、大自然が創りだした地形は圧巻です。特に宮古島などは格好の遊び場となる洞窟や通り池があり、毎年多くのダイバーが夏場になると伊良部島や下地島エリアにつめかけます。